HOME

【絵で見るFX】
FX (外国為替証拠金取引)に挑戦!!

FP主婦の【はじめてのFX】〜1000通貨から始めよう〜

FXについての情報、初心者向けの会社選び
FXプライム1社選んで!と言われたらこちらの会社  【ぱっと見テクニカル】
少額からできる(1000通貨)FX業者 コツコツFX 7つのポイント
■FXとは?
まずはこちらのページから

■100通貨、1000通貨、1万通貨のFX
自分サイズのトレードしよう

■レバレッジとは?
てこの原理で少額資金でも効率よく運用できる


スワップとは?
毎日もらえるスワップとは?

■何を参考にトレードしてる?

■最小単位100通貨で始める

■無料でもらえるFX本

■少額からできる(1000通貨)FX業者

■外貨預金の代わりにFX

■外貨預金としてのFX

■高金利通貨

【主要FX会社(1000通貨OK)】

・FXプライム
1社選んで!と言われたらこちらの会社。
マネーパートナーズ
FX業界初の上場企業




【私のFX挑戦記録】

↑FP主婦のはじめてのFX








レバレッジとは?

FXの取引では、例えば10万円程度の資金で100万円の外貨を運用することも可能。これは一定額の保証金を預けて売買すると言う【証拠金取引】だからです。

少ない手持ち資金でその数倍から数十倍のお金を動かす働きを『レバレッジ』(てこの原理)といい、これがFXのもっとも大きな特徴だといえると思います。このレバレッジを上手に使うことで資金効率をよくトレードができます。

レバレッジは「取引通貨量×約定値÷口座への現金残高」で計算できます。

例えば、ドル円の為替レートが100円の時に1万通貨のトレードをする時、必要資金は100円×1万通貨なので100万円。

この時に口座に入れるお金を100万円にするとレバレッジは1倍。これだと外貨預金と同じような感じになります。

また、口座に入れるお金を50万円にするとレバレッジは2倍、口座に入れるお金を10万円にするとレバレッジは10倍、1万円の場合はレバレッジ100倍となります。

レバレッジ1倍のトレードもレバレッジ100倍のトレードも、1円上がれば1万円の利益、1円下がれば1万円の損となります。

違うのは、為替レートが下げた時にどこまで耐えられるか?(ロスカットされない)ということです。口座に入れている資金が多い方が為替レートが下がった場合により耐えられます。

ドル円でも1年に20円ほどの動きがあるので、スワップ目的で長期でポジションを持ちたい方は、レバレッジは低めにしておくのが無難だと思います。

でも、逆に自分がトレードするレートをここからここまでと決めて、そこからはみ出たら損切り、利益確定をすることでレバレッジを利かせてトレードをすることも可能です。(私の今のトレードはこれです)

FXは買いだけでなく売りからもできるし、土日を除いた24時間いつでもトレードができるので、自分のシナリオと違ってしまったらすぐに方向転換をすることも可能です。(株と違って、安値で買って持ち続けていたらいつか上がる・・・という動きとはちょっと違うような気がします。)

レバレッジは低ければ安全、高いと危険ということではなく、自分のトレードスタイルに対してレバレッジをどうするか、ということだと思います。このレバレッジを上手に使うことがFXのトレードの醍醐味だとも思います。

この項目の下に3つのサンプルでレバレッジの違いを表にしていますが、

・レバレッジ10倍・・・為替レートが110円から9円下がるまで(101円)持ちこたえられる
・レバレッジ3.67倍・・為替レートが110円から29円下がるまで(81円)持ちこたえられる
・レバレッジ1.1倍・・・為替レートが110円から99円下がるまで(11円)持ちこたえられる

私は1000通貨のトレードで短期トレード(デイトレ)をしていますが、口座に5万円入金した場合にはドル円だったら2000通貨まで、レバレッジ3倍〜5倍程度までポジションを持ちます。10万円の場合も一度に持つのはその位で、余裕を持たせています。

個人的にはレバレッジはそこそこ利かせて、毎日ちょこちょこ利益を重ねていくトレードで成功しています。FXはレバレッジを低くして外貨預金のように使うこともできるし、私のように短期で利益を重ねたい人でもOK。

少額からできる1000通貨の小さい単位でFXの場数を踏んでください。それが成功の早道だと思います。

某FX会社のレバレッジ比較をしてみました。レバレッジの違いによってどの程度のリスクが出てくるかチェックしてみてください。

3種類のサンプルを用意しました。運用資金の額によってレバレッジが変わります。

いずれも、1万通貨、約定値は110円です。
*1万通貨×110円=110万円の必要資金に対して。

【サンプル1】 運用資金10万円、レバレッジ11倍

サンプル1 運用資金(口座へ入金した額) 10万円
取引通貨額 1万通貨
約定値 110円
当初の条件 レバレッジ
(取引通貨量×約定値÷現金残高)
11倍
必要証拠金 36300円
マージンコール発生条件 マージンコールが発生するレート 102.53円
約定値からの値幅 7.47円
ロスカット発生レベル ロスカットが発生するレート 100.99円
約定値からの値幅 9.01円

この場合は必要資金が110万円で運用資金が10万円なので
110万円÷10万円=11 レバレッジは11倍

この取引の【レバレッジ11倍】では、
●マージンコールが102.53円
(110円から7.47円下落した時点)

●ロスカットが100.99円(110円から9.01円下落した時点)になると発生します。

マージンコールというのは口座清算価値が著しく減少していることを知らせる危険信号の役割を果たしています。

この時点で、取引のポジションを維持するために追加証拠金を入れるか、またポジションの一部、または全てのポジションを反対売買し決済するかの判断が必要になります。

つまり、
・追加証拠金を入れて、口座清算価値が安定するところまで入金をする。

・または例えば2万通貨のポジションの場合、1万通貨を売却するとか2万通貨全部を売却してしまう、という判断が必要になります。

マージンコールやロスカットというのは、顧客の資産を守るため、それ以上の損失を防ぐための措置なのでありがたい機能です。この機能のおかげで必要以上の損失を防ぐ役割をしています。

でも、買ったはいいけど、ちょっと下がった程度でマージンコールやロスカットが発生してしまう取引は、絶対に避けたいところです。

レバレッジ10倍は長期投資をする場合には少々リスクが多めかな、と思います。特にスワップポイント狙いの長期投資の場合には、マージンコールがかかならないレベルを考える必要があります。

利益が出た時には効率はいいのですが、為替レートが7円位の下落で追加の資金を求められたり、9円程度の下落で為替相場から強制退場させられてしまいます。

それに、FXのもう1つの特徴であるスワップポイントという金利収入が入ってきますので、そういう意味では、「ただやられっぱなしじゃない!」というところがFXの心強いところでもあります。

FXではマージンコールやロスカットという、為替相場の側から退場をさせられないようなレベルでの取引きというゆとりあるレバレッジを考えることがとても大切だと感じました。

マージンコールやロスカットにあわない程度のレバレッジ=どこまでの値下がりに耐えられるか?、もしくは、「私はここまでは下がらないと思う」という目安を持ってレバレッジを考えることが大切だと思います。

それには、過去の数年の為替レートにおいて、どの辺まで下がったことがあるかチャートなどでチェックして考える必要もあると思います。

【サンプル2】 運用資金30万円、レバレッジ3.67倍


サンプル2
口座に入金した額 30万円
取引通貨額 1万通貨
約定値 110円
当初の条件 レバレッジ
(取引通貨量×約定値÷現金残高)
3.67倍
必要証拠金 36300円
マージンコール発生条件 マージンコールが発生するレート 82.03円
約定値からの値幅 27.97円
ロスカット発生レベル ロスカットが発生するレート 80.79円
約定値からの値幅 29.21円

この取引の【レバレッジ3.67倍】では、
●マージンコールが82.03円
(110円から27.97円下落した時点)

●ロスカットが80.79円(110円から29.21円下落した時点)になると発生します。

レバレッジが3.67倍の取引です。110円の買値から27.97円の下げまではマージンコールがかかりません。

【サンプル3】 運用資金100万円、レバレッジ1.1倍

サンプル4 口座に入金した額 100万円
取引通貨額 1万通貨
約定値 110円
当初の条件 レバレッジ
(取引通貨量×約定値÷現金残高)
1.1倍
必要証拠金 36300円
マージンコール発生条件 マージンコールが発生するレート 10.52円
約定値からの値幅 99.75円
ロスカット発生レベル ロスカットが発生するレート 10.09円
約定値からの値幅 99..91円

この取引の【レバレッジ1.1倍】では、
●マージンコールが10.52円
(110円から99.75円下落した時点)

●ロスカットが10.09円(110円から99.91円下落した時点)になると発生します。

ほぼ100%自己資金なので、マージンコールは為替レートが10.52円にならないと発生しません。買値より99.75円下がるまではマージンコールは発生しません。

110円で買って10.52円までずるずる下がっているのに、損切りしないで持っているのか?は疑問ですが、少なくとも為替相場の側からは退場はさせられません。例えばドルに置き換えて考えた場合、1ドル10円になるか・・・?

このほぼ100%自己資金でのFX投資は外貨預金代わりになり、よりメリットのある投資方法です。

但し、サンプルを3種類比べた場合、投資効率という点では【1倍】は悪いのかもしれません。外貨預金並みのリスクがいいという方はレバレッジ1倍程度の取引もいいかも。私は最初の取引はレバレッジ1倍の100%自己資金でした。

以上、どこまでの下落に耐えられるか、なんてすごく後ろ向きっぽいのですが 、まずは自分がどの程度の為替の幅の中で投資をするかを考えて、その上で取り組むと気持ちの上でもゆとりのあるFXの取引ができると思います。

■無料でFXの体験・無料でバーチャルFX   

私は小さい単位の1000通貨から始めました。
FP主婦の【はじめてのFX】〜1000通貨から始めよう〜


【1000通貨からトレードOKの会社とキャンペーン情報】

マネーパートナーズ
FX業界初の上場企業

≪手数料ゼロ≫のFX取引なら。 5千円から始めるFX投資。FX専業初の上場企業マネーパートナーズ

・100通貨の超少額トレードができます。

*100通貨のトレードができる【FXナノ】はこのキャンペーンの対象外です。
JFX
短期トレーダーは必見。小林芳彦氏のレポートが全てチェックできます。(口座開設をするだけ見ることができます。こちらのレポートは私は毎日利用しています。)

・ポンド円新規ポジション20万通貨のお取引 ⇒ 10,000円キャッシュバック

・iPhoneにてポンド円新規ポジション50万通貨のお取引 ⇒ 5,000円キャッシュバック

FXプライム

FXプライム
FXプライム

スプレッドが原則固定なので、重要指標などのスプレッドが広がりやすい際のトレードにも対応できます。また、初心者でも使いやすいぱっと見テクニカルはおススメです。
みんなのFX

みんなのFXの口座開設後、キャンペーン期間中に初回入金、かつ初回入金した月の翌月末までに1万通貨以上の取引をされた方に、現在実施中の口座開設キャッシュバックキャンペーンの5,000円!

外為ジャパン FX
初回入金+1万通貨のトレードで5000円のキャッシュバック


・ドル円のスプレッド0.7銭、ユーロ円1.0銭、ポンド円1.6銭の低スプレッド
FXブロードネット

毎日のデイトレードに使っています。

★手数料無料・1000通貨のトレードからOK

・スプレッド(買値と売値の差)が非常に狭い。大体米ドル円で他社が3銭前後だとすると、FXブロードネットは0.5銭〜。このスプレッドは狭ければ狭いほど私たちにとっては有利に。私はデイトレでよく使っています。

5万通貨以上のトレードでもれなく5,000円のキャッシュバックあり!


HOME