HOME

【絵で見るFX】
FX (外国為替証拠金取引)に挑戦!!

FP主婦の【はじめてのFX】〜1000通貨から始めよう〜

FXについての情報、初心者向けの会社選び
FXプライム1社選んで!と言われたらこちらの会社  【ぱっと見テクニカル】
少額からできる(1000通貨)FX業者 コツコツFX 7つのポイント
■FXとは?
まずはこちらのページから

■100通貨、1000通貨、1万通貨のFX
自分サイズのトレードしよう

■レバレッジとは?
てこの原理で少額資金でも効率よく運用できる


スワップとは?
毎日もらえるスワップとは?

■何を参考にトレードしてる?

■最小単位100通貨で始める

■無料でもらえるFX本

■少額からできる(1000通貨)FX業者

■外貨預金の代わりにFX

■外貨預金としてのFX

■高金利通貨

【主要FX会社(1000通貨OK)】

・FXプライム
1社選んで!と言われたらこちらの会社。

マネーパートナーズ
FX業界初の上場企業




【私のFX挑戦記録】

↑FP主婦のはじめてのFX








FXとは?
■FXが人気の秘密
・為替差益とスワップとと呼ばれる金利収入の2本立てで利益を狙うことができる
レバレッジによって少額の資金でも運用が可能
・24時間取引ができる
・手数料が安い
・「買い」だけではなく「売り」からもトレードできる
・1000通貨の小さな単位からできる
100通貨からのトレード始まりました!
外貨預金と比べて手数料が安い
外貨の両替がお得にできる
FXは【外国為替証拠金取引】と呼ばれるもので、外貨資産の運用方法として人気があります。私もFXは大好きで毎日何かしらのトレードをしています。

もともと株も少しだけですがやっていたのですが、FXほどは熱中できませんでした。株の場合はこれから値上がりしそうだ、という時に買いから入りますよね。

FXの場合は、上がっても、下がっても、円高になっても、円安になってもどちらの場面でも利益を出すことが可能です。これからドル円が下がりそうだと思えば、売りから入ればいいし、これから高くなりそうだと思えば、買いから入ればいいんです。

FXは買いだけの場面だけでなく、下がっていきそうな時でも利益が上げられるというが特徴です。

☆私が感じるFXの魅力

【24時間いつでもトレードが可能なこと
株は朝の9時から午後3時まで、しかも間に休憩も入ってしまいます。ところが、FXの場合は月曜日の朝6時ごろから土曜日の早朝6時ごろまでいつでもトレードが可能です。

時間を選ばずにトレードができるのはとても魅力です。

日本時間はわりと静かですが、欧州時間(日本の夕方頃)、NY時間(日本の午後11時頃)などに動きだしますので、サラリーマンの方だったら自宅に帰ってからのトレードもOK。主婦の方も家事などが済んでからでもゆっくりトレードができます。

【少額のトレードが可能】
最近では1000通貨からトレードがOKな会社も増えてきたので、色々比較しながら使っています。個人的には口座には5万円位入れてます。

少額のトレードというのには2つあって、

・トレードに必要な金額を全部用意しなくてもOK
例えば10万円のトレード資金が必要な時でも、5万円とか1万円でもトレードができます。これはFXの特徴でもあるてこの原理【レバレッジ】といいます。

10万円のトレードを半分の5万円でする場合には、レバレッジ2倍です。
【参考・・・レバレッジとは?

・1000通貨の単位の小さなトレードができる
通常1万通貨のトレードが主流ですが、最近では1000通貨という小さな単位でもトレードができる会社が増えてます。(更に100通貨もOKの会社も出ました!)

1000通貨というと、例えば1ドル=100円の時に
100円×1000ドル=10万円がトレードに必要になります。がFXの場合は全額用意しなくてもいいので、私は1、2万円程度の資金でトレードをしています。

【FXは買いからだけでなく売りからもできる】
株の現物は、「安く買って高く売る」ことで利益がでますが、FXの場合はそれに加えて「高く売って、安く買い戻す」ことで同様に利益が出せます。要は安くても高くてもトレードができるということ。

これから上がると予想するならば買い、これから下がると予想する場なら売りから入ります。「高く売って安く買い戻す」という概念が最初のうちなかったのでやりにくかったのですが、慣れれば全然問題ないです。(私は売りから入る方が好きかもしれません。)

【投資対象が限られているので研究しやすい】

投資先が株などと違って数が少ないので研究がしやすく集中できるところが、株より自分にあってるところだと思っています。ブログなどでも同じような通貨のトレードをしている人を簡単に探すことができます。

このような感じで私はFXが好きです。もちろん値動きのあるものへの投資なのでリスクはつきものですが、リスクを自分でコントロールをすることで、FXで資金を増やせる可能性は大きいと考えています。

■FXはこうして利益を出す

円高の時にドルなどの外貨を買い、円安になったら売ると利益が出ます。
例えば、ドル円が90円の時に買い、100円になったら売ると10円の差益が出ます。

・10000通貨のトレード→10円×10000通貨=10万円の利益
・1000通貨のトレード→10円×1000通貨=1万円の利益
・100通貨のトレード→10円×100通貨=1000円の利益

海外旅行を予定されてる方は、両替をするときは円高を熱望されると思います。^^実際に海外旅行を予定されてるに方は、FXを使ってのお得な外貨両替の方法があります。外貨で受け取る方法です。それが外貨両替「現受け」というもの。

*そろそろ気になる税金。FXの税金についてはこちら


FXで狙える利益は、1つは為替差益。上に書いたような為替相場の動きでの利益。

2つめはスワップという金利収入。
スワップポイントは、金利の高い国の通貨を買うことにより、その通貨を持っている間毎日利息がもらえるもの。

今現在、日本は超低金利なので円と関わった取引きをすればスワップポイントは殆どの場合でもらえる状態です。(例えば、米ドル・円、ポンド・円、NZドル・円、アフリカランド・円、豪ドル・円・・・・などは毎日金利収入が得られる通貨のペアです。)

【FXの特徴】

●少額資金で大きな金額の運用ができる

10万円程度の資金で、約100万円相当の外貨を運用することも可能。これは一定額の保証金を預けて売買すると言う【保証金取引】だからです。

少ない手持ち資金でその数倍から数十倍のお金を動かす働きを『レバレッジ』(てこの原理)といい、これがFXのもっとも大きな特徴だといえると思います。

レバレッジ1倍で1ドル120円の米ドルを買う・・・120万円の資金が必要
レバレッジ3倍で1ドル120円の米ドルを買う・・・40万円の資金が必要

*このレバレッジは自分で自由に決めることができますが、私は2倍程度で運用しています。

例えば・・・1ドル=100円の時
10万円で1万ドル(100万円)購入(レバレッジ10倍) 10万円で1万ドル(100万円)購入(レバレッジ10倍)
1ドル=101円のとき
101万円

*この時点で決済した場合には、口座残高10万円+1万円=合計11万円
・・・+10%の利益
1ドル=99円のとき
99万円

*この時点で決済した場合には、口座残高10万円-1万円=合計9万円・・・-10%の損失
1ドル=110円のとき
110万円

*この時点で決済した場合には、口座残高10万円+10万円=合計20万円・・・+100%の利益
1ドル=90円の時
90万円

*この時点で決済した場合には、口座残高10万円-10万円=合計0万円・・・-100%の損失

*レバレッジを1倍(自己資金100%で購入した場合)にすると、外貨預金の手数料が安い版として運用できます。

私はこのレバレッジ1倍で始めました。
レバレッジ1倍の場合は自己資金が100%になって、投資金額が高くなるので1000通貨の小さな単位でできる(外為どっとコム)などから始めるといいと思います。

*その後、レバレッジ2倍程度で運用しています。

取引手数料が安い

例えば、外貨預金手数料と比較した場合、外貨預金で1万ドルの運用をすると2万円の手数料がかかります。

これを、FXで運用した場合には、今は殆どが手数料無料の会社ばかりです。会社を選べば手数料はかかりません

*外貨預金に興味のある方は、FXでは手数料以外でもメリットがあるのでぜひチェックしてみてください。

●24時間リアルタイムで取引ができる

外国為替取引は世界中で行われているので、いつでも取引ができます。
昼間忙しい方でも取引時間を選べるというところが、株の取引などと違います。このいつでもできるというのも人気の一つだと思います。

東京→9時から、ロンドン→17時から、ニューヨーク→22時から
FXの業者は、月曜日の7時頃から土曜日の7時頃までが取引可能。土日はお休みです。

買いからも売りからも入れる
株(現物)の場合だったら、これから高くなるだろうと思うときとか、株が安くなった時にしかトレードすることができませんが、FXは買いからだけでなく売りからもトレードができるんです。

・これから高くなるだろう(円安局面)と思ったら、買い→売り
・これから安くなるだろう(円高局面)と思ったら、売り→買戻し

の2パターンが取れます。FXを始めた頃は「買い」しかできなかったのですが、今年の秋は円高局面が多く、「売り」で儲けることが多く、戻り売りでトレードすることがとっても多くなりました。

いつでもポジションを取ることができるというのは、買いしか知らなかった私にはある意味ショックで、でも、トレードを重ねるうちに「戻り売り」(上がってきた所を売る)のトレードにはまりました。

買いでも売りでもどちらからでも入れるのはFXの特徴だと思います。

●色々な注文方法でリスク管理

自動売買システム・・・海外市場で相場が動いた時に、自動的に売り買いの注文を行って利益を確定してくれる。

その他、『マージン・コール』、『ロスカット・ルール』等といったリスク管理のシステムがあります。


私の投資に対する考え方は、【コツコツ運用して銀行金利よりよければ御の字。たまに儲けが出たらラッキー。】というものです。^^

FXというと、『少額の資本金でレバレッジを効かせて大もうけ(またはその逆)』というイメージがあってずっと避けていました。

でも、レバレッジを1〜2倍にすれば外貨預金の手数料が格段に安いバージョンになるし、為替相場をみて自信のあるときは、ほどほどの資金でレバレッジを効かせて挑戦、一方でもう1つの利益である『スワップポイント』で毎日金利が受け取れるという、堅実派、積極派、両方のタイプのニーズに応えてくれます。

私は小さい単位の1000通貨から始めました。
FP主婦のはじめてのFX(ブログ)

HOME